企業漫画が読まれないワケと、企業が活用すべき漫画の新たなスタイルを提示

エイチ・ヒノモトの企業漫画とラノベのブログ

報酬も無いのに、ネットで漫画を1000ページ以上描いた男が、企業漫画のコンサルティングをしながら、ブログでライトノベルを連載してみた。

企業漫画の限界と可能性2・企業における漫画の優劣の判断

f:id:eitihinomoto:20190709143944p:plain

漫画の影響力

 日本企業は、もっと漫画を利用すべきです。

 

 ですが、漫画にそこまでの影響力があるか、疑問に思われている企業も多いと思われます。

では、なぜそう思われるのか?

答えの一つは、そこまで影響力を及ぼせる漫画など、ごくごく一部だからです。

 

 雑誌に載っている漫画を、『影響力』で分けると、次のようになります。

  • 1)その漫画のために雑誌を買う漫画
  • 2)雑誌を買えば、読まれる漫画
  • 3)雑誌を買ったとしても、読まれない漫画

 

影響力による漫画の種類

 それぞれのレベルの漫画の、特徴を見ていきましょう。

 

1)まずは、最も影響力のある漫画。

進撃の巨人』や、『名探偵コナン』、『NARUTO』などが該当します。

 読者の多くは、これらの漫画が載っているから、掲載されている漫画雑誌を買うのです。

これらの漫画は、雑誌を買わせるだけのポテンシャルのある、一流のコンテンツになります。

 

2)次に挙げるのは、読者が漫画雑誌を購入した場合、読まれるレベルの漫画です。

 影響力は誰もが知る漫画に比べれば落ちますが、そこそこの影響力とファン層は持ち合わせています。

 企業が自社の商品やサービスをアピールするために、漫画を連載しようとするのであれば、最低でもこのランクの漫画が必要となります。

 

3)最後に挙げるのは、読者が漫画雑誌を購入したとしても、読まれないレベルの漫画です。

 言うに及ばず、このレベルの漫画では、自社の商品やサービスをアピールしたところで、大した影響力はありません。

 ですが企業が気軽に依頼できる漫画家の多くは、このレベルに属します。

 

日本企業が漫画に二の足を踏む理由

 日本企業が、漫画を利用するのに二の足を踏む理由は、3)の、影響力の小さな漫画家としか、契約を結んでいない事。

ここに原因があるように思われます。

 

 漫画の世界も、ビジネス界と同じピラミッド型で、影響力のある漫画などほんのごく一部です。

 

 上に行けば行くほど、発生する金額も高く、また企業案件の依頼に応じてくれる漫画家も、減ってしまいます。

なぜなら彼らは、自分が好きな漫画を自由に描ける立場にあり、企業案件など受けなくても、莫大な資産を手にしてしまっているからです。

 

 つまり、企業と漫画家というレベルではマッチングは厳しく、例えマッチングできたとしても、その多くは大した影響力も示せないまま消えていくのです。