企業漫画が読まれないワケと、企業が活用すべき漫画の新たなスタイルを提示

エイチ・ヒノモトの企業漫画とラノベのブログ

報酬も無いのに、ネットで漫画を1000ページ以上描いた男が、企業漫画のコンサルティングをしながら、ブログでライトノベルを連載してみた。

企業漫画の限界と可能性1・日本企業はもっと、漫画を利用すべき!

f:id:eitihinomoto:20190709143944p:plain

個人でネット漫画雑誌を作れる時代

 僕は漫画をネットで、無報酬で1000ページ以上描いたのだけれど、それはネット漫画に可能性があると感じていたからなんです。

 

 僕がネットで漫画を連載し始めたのは、10年以上前になります。

 それまで、週刊少年ジャンプをはじめ、色んな編集に持ち込んでは落とされ、挫折してました。

 

 それがネットでは、自分で漫画雑誌を立ち上げて連載し、読んでもらう事が可能なのですよ。

 つまりは、個人でジャンプみたいな雑誌を創れてしまうんです。

紙媒体だったら、ほぼ不可能なことですよね?

 

 僕がネット漫画雑誌を始めた頃は、すでに周りは社会人ばかりで、二人で雑誌サイトを運営してましたが、例えば学生だったら友人同士で雑誌を立ち上げて運営する事だって可能だと思います。

 漫画好きな女子高生同士が集まって、自分たちでネットで漫画雑誌を立ち上げて、運営するアニメとかあったら、流行りそうですよね?・・・描いてみようかな。

 

ブログにない漫画の可能性

 漫画には、ブログや動画には無い可能性があると思ってます。

 『ヒカルの碁』で子供にまで碁に興味を持たせ、『弱虫ペダル』の影響で、若い人は自動車よりも自転車にお金を払う時代になりました。

以下に、主だった漫画によるブームのリストを上げてみました。

 

 ブームとは、『時代を変える力』なのですよ!

 

日本企業はもっと漫画を利用すべき

 当然ね、個人で漫画雑誌が運営できるんだから、企業にだってできるんですよ。

 トヨタだって、車が売れない言ってないで、自分たちでネット漫画雑誌を運営して、車に興味をもってもらえばいい。

 Jリーグだって、キャプテン翼の影響でサッカーが盛り上がったのなら、サッカー漫画をネットで連載すべきでしょ?

 

 日本は漫画・アニメ大国であるにも関わらず、これらのメディアを利用する企業は、まだまだ発想に乏しいと感じてます。

 

 次回は、なぜ企業は漫画を使わないのか、二の足を踏むのかをお伝えします。